ソフトバンクが出資するHEROという仮想通貨とは?購入方法まとめ

さて、日本の仮想通貨事情はコインチェック問題で揺れ動いている中、ひたすら買い増しているbitmanです!

今回は、私がここ最近で特に注目している通過、その名もHrro(ヒーロー)ことPawnHeroです。

Heroって良い名前ですよね、仮想通貨界、発展途上国で銀行口座をもたない人々のまさにHERO(ヒーロー)になれる可能性を秘めた仮想通貨をご紹介します。

Hero(ヒーロー)トークンとは?

まずはHero(ヒーロー)トークンについてご説明します。

Hero(ヒーロー)は、フィリピンを拠点とした、オンライン質屋業を営んでいるPawn Heroが発行している通貨になります。

2015年からビジネスをスタートしていて、画期的な金融手法をいくつもおこなっているフィンテック企業です。
すでに行なっている金融手法は下記の通りです。

  • 無店舗によるコスト削減
  • 融資金利2.99%/月

さまざまな賞も受賞していて、日本でも行われた「Hack Osaka2016」にも参加し、最優秀アワードを受賞するなどして、日本でも非常に期待されているフィンテック企業です。

Hero(ヒーロー)のホワイトペーパーは日本語和訳をされているので、こちらも目を通してみてください。

Hero(ヒーロー)トークンの概要

次にICOの目的や、Hero(ヒーロー)についての概要をご説明します。

先ほども軽く触れましたが、Hero(ヒーロー)の事業としては、画期的な金融業を営んでいるフィンテック企業です。

さらに解説していくと、フィリピンや東南アジアの銀行や融資事情と非常に強く関わりがあります。
東南アジアは昨今の人口増加に対して、まったく金融インフラが整っておらず非常に困っている人がたくさんいるというのが実態です。

  • 銀行口座がない
  • クレジットカードをもてない
  • 現金を借りるには闇金融(超高金利)から借りるしか方法がない

こういった実態を解決しようと、立ち上がったのがまさにHero(ヒーロー)です。

Hero(ヒーロー)トークンの発行量

Hero(ヒーロー)の発行量はETH(イーサリアム)換算で、1ETH=200HERO(シンボルはHERO)です。

最大共有量は5千万トークン(25万ETH相当)で、今回のICOが終了した時点で25万ETH以下だった場合は、未発行のトークンはすべて焼却される予定になっております。

Hero(ヒーロー)トークンを購入した時の特権

Hero(ヒーロー)トークン保持者には、プラットフォーム利用売上金の最大20%を配当が配られます。
配当金は、四半期ごとに受取り権利収入・不労所得的な収益を、得られる事で注目を集めています。

今回のICOでも購入した時期によって配当がもらえる仕組みになっています。
もらえる配当の内訳は、

  • 2月1日〜2月3日まで+10%のボーナス
  • 〜2月7日まで+5%のボーナス
  • 〜2月14日目まで+2.5%のボーナス
  • それ以後はボーナス無しで、2018年2月28日にICOが終了します。

また、Hero Capital Market Platformを永久に利用できる権利もあり、上記でも記載下通り、融資を受けることができるようになります。

Hero(ヒーロー)トークンが期待される理由

Hero(ヒーロー)は今まで記載してきた通り、プロジェクト的にも配当的にもすごく魅力的で、これだけでもすでに購入してみたいという気持ちになると思いますが、私はそれ以上に期待できるポイントがいくつもあると思っています。

チームが優秀

まずは、チームメンバーがひたすら優秀!w

ノーバート・ゲールケ

ドイツのとある有名大学を卒業し、コンピューターサイエンスおよび経営学の博士号を取得。

その後、ゴールドマンサックスや東京のフィンッテックミートアップの創設者でもあります。

まさにフィンテック界の超エリート。

マウリツィオ・ラッフォン

ケンブリッジ大学で経営学を学び、ロンドン大学ロイヤルフォロウェイで経営学の博士号を取得しており、国際金融分野で非常に重要な役割を担っている人物です。

出資先が優秀

私的に出資先がなんといっても豪華な点が、一番の期待ポイントです!

「ソフトバンク」、「アリババ」、その他にもあまり馴染みはないかもしれないですが、日本のスタートアップ界隈の投資に力を入れているアメリカのベンチャーキャピタル「500スタートアップス」も投資をしています。

すでに上場予定の取引所が決まっている

すでに上場予定が決まっており、QRYPTOSに上場予定と発表されています。

Hero(ヒーロー)トークンの登録方法

それではまずはHero(ヒーロー)に登録を行います。

まずはHero(ヒーロー)トークンの登録を行うページに入りましょう。

Hero(ヒーロー)トークン登録ページ

 

記入項目はすべて英語で記入してください

次にウォレットのイーサリアムアドレスを入力します。
マイイーサウォレットが使いやすいかと思いますのでそちらの登録を済ませましょう。

マイイーサウォレットを持っていない方・イーサリアムアドレスの確認の仕方がわからない方は、こちらの記事が参考にしてみてください。
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法
<注意>Hero(ヒーロー)トークン購入時は、このアドレスからイーサリアムを送金することになるので、当然マイイーサウォレットにお金が入っていない方は、まずお持ちのイーサリアムをこのウォレットに移してから、Hero(ヒーロー)購入の送金を行いましょう。

イーサリアムの購入はビットフライヤーで簡単に購入できます。

 

 

チェックを入れて進みます。

 

2段階認証を行いますが、GoogleのAuthenticatorというアプリが必要になるので、ダウンロードを行いましょう。

 

次は個人認証を行います。

 

項目を入力し、個人認証を終わらせます。

 

個人認証の承認がおりるまでは数時間から数日かかりますが、一旦トークン購入自体はできるのでこのまま購入にすすみます。
<注意>購入は可能ですが、トークンの受け取りができないません。2/28のICO終了までにわ完了させましょう。

Hero(ヒーロー)トークンの購入方法

それでは、購入の流れをご説明します。

 

右上のオレンジ色のボタン「Buy Hero Token」をクリックします。

 

次の画面で、少し下にスクロールして下記の画面をクリックします。

 

送金先のイーサリアムアドレスが表示されるので、そのアドレスに先ほど登録したマイウォレットから送金します。
送金方法に関して、詳しくはこちらの記事を参考にしてください。
マイイーサウォレットの利用方法と送金方法

あとはICO終了後のトークンが発行されるのを待つだけ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です